女性器の若返り治療に用いられる他の膣レーザーとの比較

現代、女性器の若返り療法が注目を受ける中、さまざまな医療機器が開発されています。ここで詳しく解説した「モナリザタッチ」以外の膣レーザー医療機器の中で代表的なものの特徴と、メリット・デメリットをご紹介します。「モナリザタッチ」の特徴/メリット・デメリットと比較しながら、あなた自身により適した治療法をお選びください。

高周波治療器「ビビーブ・サーミVA」の特徴/メリット・デメリット

ビビーブ・サーミVA」は、高周波(ラジオ波:Radio Frequency)を用いてコラーゲンの産生を促す医療機器です。高周波を膣組織表面から1㎜の部位に照射することで、膣壁や皮膚の表面温度を40℃から45℃程度に維持。その後、膣の表面が冷却されて膣内部が収縮することで、膣壁の若返り・膣の引き締め効果を実感できます。膣壁の細胞が活性化することで、コラーゲンの増生を促し、膣内にうるおいがよみがえる効果も。

「ビビーブ・サーミVA」は、「ヨーロッパCEマークの」を取得した医療機器です。これは、EU加盟国の安全基準を満たしていると認定された工業製品に与えられるもの。安全面においても保証されています。

メリット

メスを使用しないため、痛みをほとんど感じることがなく、施術費用も比較的リーズナブル。膣内組織へのダメージも少ないので、膣の若返り治療を初めて行うという患者さまでも挑戦しやすい治療法です。施術は1回ですむため、通院の必要もありません。

デメリット

照射温度がさほど高くないため、膣の収縮効果としては他の医療機器にやや劣る可能性があります。50代半ば、閉経前の女性に効果が期待できるといわれています。また、膣粘膜の厚みによって、治療が適応しないこともあります。治療効果は1年ほどですので、定期的に治療を受ける必要があります。
また膣内に水が入る、尿漏れの症状があるといった場合は、膣のゆるみ改善にさほど効果を実感できないこともありますのでご注意ください。

レーザー治療器「インティマレーザー」の特徴/メリット・デメリット

「インティマレーザー」は、ロングパルスエルビウムヤグレーザーによって膣の粘膜(1.0mmから3mmほどの深さ)にロングパルスエルビウムヤグレーザーを照射して作った熱だまりによって、膣深部から膣口、小陰唇に至るまで幅広い部位を施術可能な医療機器です。

筋肉を置くから引き締めていくため、膣の後壁(肛門に近い側)への施術だけでも十分な効果を期待できますが、尿漏れなどの状態改善のため、膣の前壁(尿道)周辺の縫縮を行うこと可能です。専用のアプリケーターを使うことで、その精度をより高めることができ、症例によるオーダーメイドな手術ができるのも、「インティマレーザー」の魅力です。

ロングパルスエルビウムレーザーの照射で膣内を50℃から53℃に維持し、組織変化を起こさせます。組織内のコラーゲン増生を促進することで、膣のゆるみ、乾燥といった症状の改善が期待できます。

メリット

局所麻酔やブロック麻酔、静脈麻酔を併用するため、術中に痛みを感じることはありません。手術部位周囲の組織へのダメージも最小限ですむため、尿道や肛門に近い部位の手術であっても安全です。閉経後の女性でも施術可能で、尿漏れなどの症状にも効果が期待できます。1回の施術で効果を実感でき、効果が長く持続するのも「インティマレーザー」の特徴です。

デメリット

モナリザタッチに比べ、施術費用が高いにも「インティマレーザー」のデメリットになるかもしれません。

超音波治療器「ウルトラヴェラ」の特徴/メリット・デメリット

「ウルトラヴェラ」は、韓国MFDS(旧KFDA)の承認を受けた超音波治療器です。超音波を膣の最深部から開口部、尿道周囲に至るまで360℃にわたって照射できるのが特徴で、患者さまの症状によっては、大陰唇に照射することもできます。

4.5mm、3.0mm、1.5mmの3つの深さに超音波を同時に照射し、コラーゲンを立体的に再生させるアンチエイジング治療で、患者さまの膣内部の厚みに応じたカートリッジが用意されていることにも特徴があります。

65℃から70℃の熱凝固点を多数作ることで、伸びてしまっていたコラーゲン線維を収縮させ、新しく再生させるタイトニング効果が期待できます。

また、通常のレーザーや高周波では届きにくい、深い層にある筋膜や筋肉にまでピンポイントで超音波エネルギーを届けられるため、尿漏れや子宮下垂などを予防する効果も期待できます。

メリット

施術時間は30分ほどで、膣粘膜の表面が超音波で傷つけられることがないため、施術直後から支障なく日常生活を送ることができます。通常は手術でしか届かない筋層に熱を送れるため、1回の施術で症状の改善を実感できます。

デメリット

施術の効果が持続するのは1年程度のため、定期的に施術を受ける必要があり、結果的にコストがかかる場合もあります。「モナリザタッチ」と比較すると、3倍ほど費用がかかる可能性も。

tel_tsuibi

logo問い合わせ・診療のご相談はこちら

医療法人育心会 グランジョイクリニック
【受付時間】11:00〜20:00 【定休日】水曜日
【住所】〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビル18F
【アクセス】
・大阪市営地下鉄御堂筋線「梅田駅」より徒歩約5
・大阪市営地下鉄谷町線「東梅田駅」より徒歩約5
・大阪市営地下鉄四ツ橋線「西梅田駅」より徒歩約5
・JR東西線「北新地駅」より徒歩約2
・JR各線「大阪駅」より徒歩約8
・阪神各線「梅田駅」より徒歩約5
・阪急各線「梅田駅」より徒歩約10
※完全予約制となりますので、ご来院前に必ずご連絡いただきますよう、よろしくお願いします。

JR大阪駅からグランジョイクリニックまでのアクセス動画

2019/09/13