膣のアンチエイジング治療「モナリザタッチ」の特徴を徹底解説

膣委縮・膣の乾燥・性交痛といった症状にお悩みの方に

30代後半から膣にも徐々に変化が起こり始めます。加齢にともなう膣の萎縮などに対しては、女性ホルモン剤を内服したり、膣錠を服用したりといった治療が一般的ですが、これらの治療には血栓症や乳がんなどのリスクがあり、肝障害や高血圧、子宮がんといった既往症がある方は治療を行えません。

そういった患者さまでも受けられる膣委縮の治療法が、「モナリザタッチ」です。「モナリザタッチ」は、膣委縮はもちろん、膣の乾燥や性交痛といった症状の改善などにも効果があり、他人には相談しにくいデリケートなお悩みを解消できる治療法として世界的な注目を集めています。

 

 

膣の代謝能力を高め、膣を若返らせる

「モナリザタッチ」はもともと、老化による顔のしわやたるみを改善する目的で用いられていたフラクショナル炭酸ガスレーザー治療の技術を応用したもの。膣粘膜の代謝能力を高め、膣の老化にともなう不快な症状感話を目的に開発された、アンチエイジング療法です。

「モナリザタッチ」は、膣粘膜に炭酸ガスレーザーを照射し、刺激することで、腟粘膜の線維芽細胞を活性化し、新生コラーゲンを生成していきます。これによって、弾力がなくなり、ひだが扁平化していた膣粘膜が、ふっくらとした厚みのある膣壁に生まれ変わるわけです。「モナリザタッチ」は、膣の老化にともなって失われてしまった膣組織の機能を回復し、不快な諸症状を根本から改善していきます。これが、「膣のアンチエイジング療法」とも呼ばれるゆえんなのです。

米食品医薬品局(FDA)に承認された安全な治療法

「モナリザタッチ」の治療を1度受けることで、女性器のかゆみや乾燥、性交通、ゆるみ、尿漏れといった症状を改善できたという臨床報告もなされています。2014年には、日本の厚生労働省にあたる米食品医薬品局(FDA)による承認を得ており、その意味でも治療の安全性が保証されています。

投薬治療のリスクなどから長期的な治療をあきらめていた患者さまでも安心して受けいただける治療法だというのは、「モナリザタッチ」の大きなメリットです。

 

「モナリザタッチ」による治療のリスクは

「モナリザタッチ」の治療は無痛で、麻酔なども必要なく、5分程度レーザーの照射を受ければ終わりです。術後の特別なケアなどもなく、ダウンタイムの必要もありません。術後すぐに帰宅でき、日常生活に支障をきたすこともありません。

施術後3日間は性交渉を控えなければなりませんが、その後は1ヶ月ごとに1回~3回検診を受けるだけですむので、周囲の方にも治療を受けたことがわかりにくいのも特徴です。気軽に治療を受けられるこうした点が、患者さまの身体的・精神的なご負担経験にもつながっています。

閉経期の女性なら大多数の方が「モナリザタッチ」の治療を受けることができますが、重度の局部疾患・全身性疾患などがある場合は、適応しないケースもあります。「モナリザタッチ」による治療を希望される方は、担当の産婦人科医に相談し、ご自身のお悩みや症状にとってよりよい治療方法であるかどうかを確認・判断してもらうことが重要です。

「モナリザタッチ」をおすすめするのはこんな方

外陰部のかゆみや乾燥、におい、ゆるみなどの不快な症状が気になっている方

パートナーとの性交時に痛みを感じている方

尿漏れや頻尿といった症状にお悩みの方

膀胱炎などを繰り返している方

乳がん術後でホルモン補充療法ができずにお困りの方

GnRhの治療中の方

ホルモン療法などに抵抗がある方

 

モナリザタッチとは

tel_tsuibi

logo問い合わせ・診療のご相談はこちら

医療法人育心会 グランジョイクリニック
【受付時間】11:00〜20:00 【定休日】水曜日
【住所】〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビル18F
【アクセス】
・大阪市営地下鉄御堂筋線「梅田駅」より徒歩約5
・大阪市営地下鉄谷町線「東梅田駅」より徒歩約5
・大阪市営地下鉄四ツ橋線「西梅田駅」より徒歩約5
・JR東西線「北新地駅」より徒歩約2
・JR各線「大阪駅」より徒歩約8
・阪神各線「梅田駅」より徒歩約5
・阪急各線「梅田駅」より徒歩約10
※完全予約制となりますので、ご来院前に必ずご連絡いただきますよう、よろしくお願いします。

JR大阪駅からグランジョイクリニックまでのアクセス動画

2019/09/13